2009年03月18日

初めての接ぎ木

家にはミカン科の植物が植えられています。

枳殻だか橙だか知りませんが…。グレープフルーツも育っています。

ミカン科の植物は葉っぱからいい香りがします。だから、好きなんで植えています。しかし、棘があるのでそれが悩み。棘のないミカン科の木はこの世にあるのだろうか。

何だか分からないミカン科(以下:不明)よりグレープフルーツ(以下:G.Fとする)の方がいい香りがすると思ったので、接ぎ木をしてみました。

たぶん間違ってると思うけど。

G.Fの枝を不明の枝に接ぎ木しました。
G.Fの枝(太さ2ミリ、長さ5センチ程度)の接ぎ合わせる方を斜めに切って、不明の分枝(太さ4ミリくらい)の断面の3分の1のところに切れ目を入れて、表皮から二番目の層を合わせてテープでキツく巻きました。
G.Fの枝は、半分になった葉を付けています。

どうなるかな。



posted by kaZuma at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。